現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

ストレート

豊かな甘味にまろやかな味わい 200g

【地域】ブラジル ミナスジェライス州パラカツ郡
【農園主】鈴木功(スズキイサオ)氏
【品種】レッド・カトゥアイ(一部イエロー・カトゥアイ)
【標高】1100m
【スクリーン】15/18

有機栽培ブラジル・パライーゾ
商品コード: st-nig-04u

有機栽培ブラジル・パライーゾ

販売価格(税込) 1,188 円
ポイント: 59 Pt
挽き方
個  数

カゴに入れる

ブラジル・パライーゾ農園

「パライーゾ農園」は鈴木功が妻の真理子マリアと1987年に独立、2人で開拓した全面積63haの農場です。
中央高原の一画、標高800?1100mの緩やかな起伏をもつ高原地帯は、雨が少なく痩せ地で低灌木林が広がる「セラード」と呼ばれ、農耕不可の土地と考えられていました。乾季の5?6ヵ月は降雨もなく、また雨季の最中に3?4週間も雨が降らなくなる現象があります。
小河川を境界としたパライーゾ農園ではそれに連なる保護原始林が幅20?30mにわたり無傷で残され、豊富な湧き水を導水管で引きこんでいます。全園内のコーヒー樹の根元にパイプを通し、点滴方式や少噴水式で水分の供給をしています。川辺の森林を除く全周辺は背丈3mの常緑低灌木で囲われ、3月から5月にかけては黄色い花が咲き農耕地の中のオアシスのような花園となります。
また、無耕起栽培を実施し、コーヒー樹下の土は柔らかく膨軟で腐植物が多く、棒を差し込むと20?30mもめり込み、土壌検査結果を見ると有機質分が4%?5%もある素晴らしい農地となりました。
整理整頓が行き届いた農園内は、どこに行ってもチリ一つありません。功氏は農場にいる間、どのような作業をしている時にも「ありがとう」と心の中で感謝の気持ちを常に持ち続けているそうです。農場全体が自然の愛和に満ち、美味しくてより健康になるコーヒーが出来る事を心から願っているとの事です。
こうした人柄と作り上げた環境から生み出されるコーヒーは生命力にあふれ、体に心地よさを与えてくれる事を感じさせます。
鈴木夫妻の夢は、自分たちが作ったコーヒーを日本の皆様に飲んでもらう事でした。その夢が二十数年の歳月を経て実現し始めています。

このページのTOPへ
Copyright(C)2000-2010 EC-CUBE All rights reserved.